医療理念

医療理念

病気の現状を伝える

慢性疾患(白内障、緑内障、慢性結膜炎、慢性涙嚢炎、慢性眼嚢炎、dryeye、など)を悪化させないためには患者さんの病気に対する知識と、日常生活のすごし方は非常に重要です。
そのため眼底カメラやデジタルカメラなどの画像を通して理解していただけるように勤めます。

早期の他科他院紹介

慢性病のfollowには正式な診断が必須です。
そのため内科や、整形、神経科などなるべく適正な照会先を模索します。
眼科に関して東京には多くの専門家がいます。適切な紹介をできるように努力しています。

長期来院していない患者さんの受診をうながす

糖尿病や緑内障など高度の視覚障害を起こす危険のある慢性病の患者さんに連絡を取ります。
ご心配なことがありましたら、特に予約制ではありませんのでご来院ください。

院長紹介

藤田邦彦(ふじたくにひこ)
1966年 順天堂大学医学部卒
青梅市立病院
佐久総合病院
埼玉医大病院
JR東京総合病院
オリンピア眼科病院
1997年 ブロードウェイ眼科開業

院長紹介

1983~1996年 順天堂医院・眼科・緑内障外来担当 同・非常勤講師
日本眼科学会専門医

眼科専門医とは
眼科専門医とは、日本眼科学会が認定する専門医制度です。
日本眼科学会が認めた施設で五年以上、手術実績や学会発表、論文、診断・検査、一般初期救急医療などの研修を行い、基準を満たしたあと、専門医師認定試験に合格すると認定されます。その期限は5年間で、資格を更新するには5年の間に眼科専門医制度委員会が認定する学会出席や研究、学術活動を行い所定の単位を取得しなければなりません。

ページの先頭へ